第11回 山下暢彦さん

山下暢彦さん山下暢彦(NOBUHIKO YAMASHITA)Drums
1958年4月15日生まれ。
東京都出身 幼少の頃より打楽器に興味を持ち、小学生のときにドラマーになろうと決心。シカゴ、BSTなどブラス・ロックに興味を持ち、後にジャズを聞くようになる。
獨協大学卒業後、渡米。帰国後プロ活動を開始。大井貴司(Vib)のグループ、“グッドバイブレーション”アルバム「ウェイブリット」でレコーディングデビュー。他に北村英治クインテットなどさまざまなグループで活躍。
現在は岡安芳明トリオ、リチャード・パイン&カンパニー、五十嵐明要カルテットなどさまざまなグループのレギュラードラマーとして活躍中。また、最近では谷口英治(Cla)のCD「スインギン・サミット」にも参加。
ジェフ・ハミルトンからバーナード・パーティまでフェイバリット・ドラマーは数多く、どんなスタイルもこなすバーサタイルな才能の持ち主。
最近では「ブルース・オン・マイ・マインド(熱田修二/Tp)」「グッドライフ(岡安芳明/Guit)」「スインギン・サミット(谷口英治/Cla)
」に参加。


 

[ミュージシャンズシート] [バックナンバーリスト]
[vol.10] [vol.11] [vol.12] [vol.13] [vol.14] [vol.15] [番外編] [vol.16] [vol.17] [vol.18]