第15回 片岡雄三さん

片岡雄三さん片岡雄三 (YUZO KATAOKA) Trombone

1967年11月22日 東京生まれ
中学校のブラスバンドにてトロンボーンを吹き始める。高校在学中に「宮間敏之とニューハード」に参加し、その後5年間活動する。平成3年5月にニューハードを退団してフリーのジャズ・トロンボーン奏者になる。
1993年にピアノのサー・チャールズ・トンプソン、1995年にトロンボーンのジグス・ウィグハム、そして1997年には世界最高峰のトロンボーン奏者のビル・ワトラスと共演する。
スウィング・ジャーナルの人気投票(トロンボーン部門)では常に上位にランクインされている。
現在、自己のグループ「片岡雄三カルテット」での活動の他、多数のビッグバンドのリード・トロンボーン奏者としてレギュラーを努める。
また、大阪昌彦、原朋直、椎名豊、三木利雄、守屋純子などのコンボのソリストとしても活動している。

 

 

[ミュージシャンズシート] [バックナンバーリスト]
[vol.10] [vol.11] [vol.12] [vol.13] [vol.14] [vol.15] [番外編] [vol.16] [vol.17] [vol.18]