第17回 ジャンボ小野さん

小野照彦さんジャンボ 小野(小野照彦) (TERUHIKO "JUNBO" ONO) Bass

 1954年東京都渋谷区出身。兄の影響で9歳頃からギターなど楽器に親しみ始め、仲間とグループを作りエレキベースを担当し、高校在学中よりベテランバンドに混じってアルバイトもし始めた。卒業後ウッドベースにも興味を持ち柴田恒夫氏に実技、荒川康夫氏に理論を習う。20代はジャズクラブ「アフター6」を中心に、サー・チャールズ・トンプソン、レッド・リチャーズ、ジーン・ロジャース、 他たくさんのアメリカのピアニストのグループでジャズのスピリッツを学ぶ。
 30代では、フリーのミュージシャンとなり様々な活動を開始する。この頃来日中のスコット・ハミルトンとも共演をした。
 現在は、ジャズバイオリニスト寺井尚子さんのニューグループ、バイブラフォン奏者増田一郎氏率いるM・J・Q、原田靖とヒズ・ギャングスのレギュラーを始めとし、鈴木正男とスウィング・タイムなどのフルバンドや、歌手の菅原洋一氏、旗照夫氏、スリーグレイセス、弘田三枝子さん、柴田はつみさんなどのサポートとしても活躍。若手では鈴木重子さんや小林桂君などのステージにも参加。その他都内ライブハウスにも出演するかたわらレコーディングやミュージカルの劇伴なども熟し、音楽のジャンルもクラシック、タンゴ、シャンソン、カンツォーネにまで興味を持ち、今なお、活動の場を広げようとしている昨今である。

 ちなみに愛用している楽器ガスパロ・ダサーロは、1600年頃イタリアで作られた名器で、ネックの背にあたる部分には聖母マリア像が埋め込まれている。その音色は深く、優しく、聴く者の心を忽ち虜にしてしまう不思議な魅力を持っている。

 

[ミュージシャンズシート] [バックナンバーリスト]
[vol.10] [vol.11] [vol.12] [vol.13] [vol.14] [vol.15] [番外編] [vol.16] [vol.17] [vol.18]